京都へアンティーク打掛を探しに行き、伏見稲荷神社へお参りにいくのが私の中では、毎年お決まりにしています。今年は時期がいつもよりずれてしまいましたが、節分前という事で神社は福豆など普段お目にかからないご利益グッズが沢山並んでいました。

今回も貴重な打掛にたくさん出会うことができ、早くご新婦様へご覧頂きたいな~とわくわくしています。打掛に合わせて刺繍半襟ももちろん必須ですから、あちこち歩いて見つけてきました。またコーディネートをして皆様に発表しますので、楽しみにしていてください(^^♪

慌ただしい京都でしたが、いつも素敵な発見があるのが京都の魅力ですね。江戸後期の建物の「帯屋さん」思わず足を止めてしました。

そして郵便局も風情がありますよね。

お参りを欠かさない「伏見稲荷神社」外人さんばかり~ここは日本??いつもと違う角度から見る鳥居は品格を感じます。

ここは、天明8年創業。200年以上の歴史のある「鳥料理」のお店の中。どこか昔のおばあちゃんの家を思い出す懐かしさ。

今年もエネルギーをもらった京都滞在でした!インフルエンザも流行っていますが、今のところアントワープブライダルのスタッフも私もみんなも元気です!皆様もくれぐれも気をつけてくださいね。

 

着付け師.co.jp <kitsukeshi.co.jp>

こちらのサイト内より、写真、映像、テキストなど全てのコンテンツの無断での複製、引用、転載を禁止します。