11月は神社挙式も多く、この業界では、いわゆるTOPシーズンとなります。秋晴れの週末、私がプランナーとして担当していたお二人の結婚式が行われました。どの神社も都会とは思えない広さと、緑が多く静かな神社が多いです。そして不思議と空気も清めらていて、とても落ち着く場所。

この日は、渋谷駅近くにある「金王八幡宮」での結婚式。

zin_01

参進を外から歩くスタイルはとても渋谷とは思えない厳かさを感じました。神社さんによって様々な形式ではありますが、ここは、ご列席の方々に「手水」で手を清めていただき神殿内に入ります。

少し水が冷たい時期は、ハンカチをご用意いただいてご参列いただいた方が良いかと思います。

zin_02

zin_03

さて、私たち和婚プランナーとはどんな仕事?

お客様が結婚式を私どもへご依頼いただいた日からスタートです。

first step> お申込み&神社への予約方法のご説明
結婚式の日時を、ご希望の神社さんへ空き状況などを確認し、すぐに申込み手続きをお客様へお伝えします。神社さんによって様々な方法があるので神社毎のリストを作成し頭に入れておきましょう。もちろん婚礼以外の日に各神社へ訪ね、ご挨拶と合わせて当日の動線も確認しておきます。

*神社にはNG項目も多いので、事前にお伝えしておく事も大切です。たとえば「素足で社殿に入るのはNGです!」などです。

second step> 衣装選び&ヘアースタイルのご相談
次にお衣裳選びのアドバイスをします。白無垢?色打掛?引き振袖?今は昔程スタイルに決まりがないので、ヘアースタイルも洋髪でされる方も多くなりました。でも、私は白無垢には綿帽子か角隠しが好きです。境内で色打掛に掛け替えて、お写真撮影すると言った欲張りプランも薦めしています。せっかくだから緑多い神社で沢山の写真を撮っていただきたいですね

third step> 進行打ち合わせ&最終確認
進行表を作成し、ご列席者様のお支度も同時に承りますので時間組なども行います。当日の進行をお伝えし、お持物のご確認など最終確認をします。

こうしてお客様とは3回ほどのお打ち合わせで当日を迎えますが、私たちは招待状をはじめ、美容・カメラマンさんへ発注したり、当日スタッフの配置を考えタクシーの手配や披露宴がある場合は会場との連絡などすることはたくさんあります。そのまま披露宴会場の担当プランナーをすることもあります。今回の結婚式は神社挙式のあと「ラッセンブリ広尾」で披露宴を行うのでそのまま私が担当プランナーとして動いておりました。

このように忙しく「あっ」と言う間に当日を迎えますが、お二人の笑顔を見るとそれまでの大変さは吹っ飛び達成感でいっぱいになります。この幸せオーラ中毒から私たちプランナーは抜け出せないのかもしれませんね。

また、新しいお客様にお会いできることを楽しみにしてます!

zin_04
スタッフと一緒に!

*「金王八幡宮」で見つけた幸せ!
zin_05
江戸三名桜の一つに数えられた金王桜

zin_06
ひなたぼっこ猫ちゃん

zin_07
御神木様

▶︎ラッセンブリ広尾 神社挙式の詳細はこちら▶︎

▶︎アントワープブライダル 和装婚礼の詳細はこちら▶︎

 

着付け師.co.jp <kitsukeshi.co.jp>

こちらのサイト内より、写真、映像、テキストなど全てのコンテンツの無断での複製、引用、転載を禁止します。