先月のブログで新作衣装の撮影の様子をアップしましたが、写真がやっとまとまって上がってきましたので一部をご紹介します。アントワープブライダル今回のテーマは、伝統工芸と技法を取り入れた未来の花嫁をイメージしてスタイリングを展開してみました。


相良刺繍の白無垢に、ヘアー飾りは水引のアレンジを大胆に合わせてみました。


私の好きな可愛いピンクと赤の組み合わせ。でも可愛いい中にも上品さを常に心がけています。和紙をプリーツ折に折って、エナメル加工の造花と合わせて華やかさを加えました。


豪華な手刺繍が使用された昭和の色打掛。現代のイメージに近づけるために青をポイントに持ってきて、ヘアー飾りはつまみ細工やゴールドの和紙、紙で作られた花などと組み合わせて、日本の伝統工芸を楽しみました。


シンプルながらも色の印象が強く残るのですが、黒の帯締めで全体をすっきりまとめ、ヘアー飾りは燻色の造花を使用し、色使いもなるべく単色にし、すっきりしたイメージに仕上げました。


個性的な色の色打掛でどのようにまとめようかと思案しました。モデルの奥村さんがとても可愛らしいイメージなので色のインパクトに負けないようにと思いましたが、とても素敵に着こなしてくれました。ヘアー飾りは何色かの和紙を折重ね、大胆につけてみたら、バランスもはまったかも。と思い私の中では今回の中でもとても気にいった1着です。


昭和時代の刺繍の豪華な引き振袖。オーセンティックな合わせ方にしようと思い、ゴールドとシルバーでまとめヘアーには金粉と紅白の水引を使用してみました。この金粉のアイディアは、普段お嫁さんを担当しているヘアーメイクスタッフから「これ、お客さんから依頼されたのですが結構いいかもです」とインスタをの写真を見せられこの一言で「よし!やってみよう!」と思ったスタイルです。しかし・・・これは結構むつかしいです。散らし方にもセンスが際立ちます。間違えるとゴミをつけているように見えるとか・・(笑)

そして無事撮影が終了し、いつもの集合写真です。この時期は全員マスク姿。誰かわかりますか??早くみなさんの素敵なお顔をだせる日が来ることを願っています。

今はサロンも臨時休業中でご来店のお客様はいらっしゃらないですが、秋には花嫁様にお召しいただける事を楽しみにしています。

▶︎▶︎神社挙式、和装婚礼、婚礼写真は、アントワープブライダルまで!

 

着付け師.co.jp <kitsukeshi.co.jp>

こちらのサイト内より、写真、映像、テキストなど全てのコンテンツの無断での複製、引用、転載を禁止します。