結婚式の和装スタイルは流行がないように思われますが、ゆっくり流行はあります。そのため雑誌や広告などの写真は、定期的に変えていかなくてはいけないので、その都度エネルギー全開です。簡単に撮影して看板を作るという訳にもいきません。このような大掛りな撮影には、たくさんの方が関わってひとつの作品を創り上げていきます。撮影した写真は、アントワープブライダルの看板以外にもパンフレット・媒体などにも使用しますので、モニターを確認する視線も真剣そのもの。

アートディレクターの楠井さん
カメラマンの武内さん
ヘアーメイクの永塚さん
業界の超ベテランエキスパートの方々。

今回は、ウェデイングドレスのデザイナーさんとのコラボもあり、いつもになくドキドキです。

撮影の大切な準備はアシスタントの大切な仕事。刺繍半襟は左右対称に合わせてますか?

ヘアーメイク中。イメージを打ち合わせでお伝えし、今回は、アンティーク感を感じるヘアースタイルをリクエストしました。なぜか愛犬「喜助」がモデルさんの膝の上にいる・・・

大きな看板になるので、左右対称の中心を取ることは必須。私のレッスンでは毎回、厳しく指導している「中心を取る」今回は色打掛とアンティークの引き振袖。アンティークの丸帯は豪華ですが、結ぶのは結構力仕事でした。

最後にこんな感じのシルエット。『素敵かも・・・』と独り言ぶつぶつ言いながら・・(笑)

撮影が終わると、写真セレクト→デザイナーさんとレイアウトなどの確認に入ります。夏には素敵な看板が出来上がるかな・・楽しみです!

▶︎▶︎アントワープブライダルのホームページはこちら!

 

着付け師.co.jp <kitsukeshi.co.jp>

こちらのサイト内より、写真、映像、テキストなど全てのコンテンツの無断での複製、引用、転載を禁止します。