師走に入りましたね。来月は成人式です。今回は、この時期に初めて行った「振袖特別講習会」の様子です。講習会は2日間させていただき、皆さん成人式にお客様に着付けを実際にされる方々が多く、真剣そのものでした。

午前中3時間、お昼休憩を挟み、午後2時間のフルコースの一日講習会。遠方では山形や関西方面の方々まで、たくさんの受講生でにぎわいました。補正の作り方、長襦袢の衿の決め方・着物の裾決め・帯結びまでフルコースです。

①補正のポイント!
*補正の概念から考えた太らせない補正の仕方。

➁長襦袢の衿の決め方!
*衿山を浮かせない・戻ってこない衿の決め方

③着物の裾のラインの作り方!
*手を上げ過ぎない。手は平行にする事。

④浮かない伊達衿の決め方!
*コーリンベルトの使い方

⑤おはしょりの始末!
*ゴロゴロしない布目を通す事

⑥緩まない帯の下線の締め方
*三重紐の正しい締め方
*まくらの正しい当て方

今回私が感じたことは、

・腰ひもの締め方が甘い
・枕ガーゼがしまらない
・補正が正しい位置に乗っていない
・空気を抜く着付けを心がける

ここが出来ていない方が多いということです。皆さん練習して最後の帯の時は、相モデルでお互いの背中に華やかな花が咲きました。

これは今回の受講生の作品です。

皆さん、来年の成人式に活かしていただけると大変うれしく思います。

大変好評でしたのでまた次回も企画してみますね。お疲れさまでした!

 

▶︎▶︎プロ養成着付けスクールのご案内はこちら

 

着付け師.co.jp <kitsukeshi.co.jp>

こちらのサイト内より、写真、映像、テキストなど全てのコンテンツの無断での複製、引用、転載を禁止します。