~ずっと、行きたかった「厳島神社」へ~

紅葉の終わる頃、少し環境客も落ち着いてきた宮島へ行ってまいりました。紅葉の時期それはそれは大勢の人々が訪れる厳島神社は、とても賑わうようです。宿泊した宿の仲居さんが、あまりの大勢の人に「宮島が沈むかと思ったよ」とおっしゃった言葉が印象的でした(笑)。宿泊先は、明治時代からある老舗旅館の「岩惣」さん。

行きは羽田空港から山口県の岩国空港まで1時間半あまりで到着。本数が少ないのですが空港から宮島へ行くにはとて便利な経路だと思います。午後の便でしたが予定より1時間遅れの出発となり、そのおかげで羽田上空からこんなに綺麗な景色を見る事ができ、出発からとてもワクワクしたスタートとなりました。

miyazima_air01

岩国空港からバスで岩国駅。岩国駅から宮島口まで電車で30分程。そこからフェリーで宮島まで10分という便利さ。電車もスムーズでわかりやすく羽田を出発して早かったですよ~。

miyazima_06

しかし、到着したらもう真っ暗な宮島。ライトアップされた鳥居も幻想的で素敵でした。

miyazima_02

miyazima_03

miyazima_04

「豊国神社」重要文化財指定。1587年、豊臣秀吉公が戦没将士を慰霊するために建立され、その広さは、千畳閣と呼ばれています。建物は秀吉公の没後そのままとなり、今でも柱などはそのままとなっています。ここは、厳島神社を見下ろして真正面の山々からのパワーをとても感じることができる場所でした。朝の綺麗な空気を身体いっぱいに吸い込んで深呼吸!身体中が浄化されたような「気」が流れます。

miyazima_08

miyazima_09

miyazima_10

miyazima_11

miyazima_14

miyazima_15

miyazima_12

私はこの神社の場所がとてもお気に入りとなりました。

miyazima_19

そして、かわいい宮島の鹿さんたち。私は奈良出身ですから鹿は珍しくないのですが、奈良の鹿より宮島の鹿の方がおとなしく小ぶりに感じました。あの「つぶらな瞳」本当にかわいい~どこか愛犬の「喜助」の目にも似てる気がします。(^^)

miyazima_16

miyazima_18

あいにくの雨模様でしたがそれもまた落ち着いていてよかったです。なぜか、私は、出かけると雨になる確率が高くいつも雨具は必須です。。

美味しい「焼かき」・「あなご飯」などもいただき、お土産はもちろん「もみじ饅頭」!宿泊した「岩惣」さんでは、ここにお泊まりなった伊藤博文公がこの旅館に「もみじ饅頭」をご提案されたと聞いて、元祖もみじ饅頭を買って帰りました。

miyazima_07

miyazima_20

帰りは広島まで電車で移動し、そこからは新幹線で京都へ~

嬉しい事に杉山の廻りには、たくさんの第一線で活躍している芸術家やアーティストさんがサポートしてくださっております。そして弊社スタッフにも、センスアップのためにもその意識を高く持つよう日頃から伝えております。その反動として、幸せな事ですがブログ写真までカメラマンやスタッフから厳しく「表情〜ポージング」などの指示が飛び、旅先で照れながらも頑張って被写体となっております。実は撮影されている間は、いつも照れながらだったりします。。

京都編は、次回ブログにてご報告させていただきます。是非お楽しみに!

 

着付け師.co.jp <kitsukeshi.co.jp>

こちらのサイト内より、写真、映像、テキストなど全てのコンテンツの無断での複製、引用、転載を禁止します。